なぜ2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのか? | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

なぜ2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのか?

プログラミング必修化

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

2020年度から、
小学校でプログラミング教育が
必修化されます。


すごい時代になりましたよね!


ちなみにわたしは超文科系で
数学は高校のときに赤点でしたけれど、


社会人になってから独学を積み重ね
いくつかの言語で
WEBプログラミングができるように
なりました。

 

プログラミング教育は
「IT人材の育成」と


IT業界にとどまらない普遍的な力である
「プログラミング的思考の育成」
のために行われるそうです。

 

プログラミングするには、
まず目的を決めます。


実際にプログラムを書き
動かしてみます。


不具合があったら
どこが悪かったのか
一箇所一箇所検証していきます。


どこが悪かったのかが
見つかったら改善します。

 

この一連のプロセスを
学習することができます。


知識や情報を整理しながら
使うチカラが身につきます。


これは、
論理的思考
PDCAの基本です。


わたしは、AIの時代なのに
なぜプログラミングを初心者にさせるのか
って不思議に想ったのですけれど、

 

論理的思考は、
時代が変化変容していく
いまの時代にこそ、必要なチカラです。


ひとつひとつ
物事の本質を見抜くチカラが培われるからです。

 

Google、AppleのiPhone、
Facebookのような

世界的なイノベーション
を起こすような商品・サービスを
生み出すのは


こんどは日本の起業家たちだ!!!
とワクワクしてきました。



プログラミング的思考の育成、
現役の起業家のわたしたちにも
必修化として良いと想いました。

もうITの波から逃げていていは
この時代には生き残れません。

 

 

集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。