主婦が起業するとき、旦那さんのせいにするのかしないのか? | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

主婦が起業するとき、旦那さんのせいにするのかしないのか?

主婦が起業するとき

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。



何かをやろうとして
迷う時、


心の中に
何かの理由があるもの。

 

わたしが
関わる方々をプロデュースするときに
頭の中に広がっていくのは、


臨場感を伴って
絶対に売れる、上手くいく
というイメージです。

 


誰にでも浮かぶというわけではなくて
全く浮かばない人もいます。

 

わたしには
リアルに成功するイメージがあるのに
その方がそのイメージを
受け取らないこともあります。

 

臨場感とは、
実際には到達していないのに、
やってみたらこうなるんじゃないかと
いう実体験したような感覚を持つことです。

 

もし挑戦したら
こうなるかもしれない!!
とワクワクできるかどうか?
ですね。

 


どんなにプロデュースする側が
描いても
イメージが広がらないと、

 

やる気も起きないし
そこでストップして
先に進んでいくことはありません。

 


あなたに
プロデューサーがいなくて
自分で自分を
プロデュースする立場なら、

 

自分が変化成長する
ストーリーを
何度も何度も描き直しながら
それが
実現可能なものだろうと

 


思い込めるようになるまでに
することが必要です。

 


昨日の個別相談会で
わたしがこうすれば
上手くいきますよ。

とアドバイスをした際に、

 

「長瀬さんが
率直に言ってください。

本当にわたしが
成功できると思いますか?」

 

と何度も何度も念を押されました。


社会情勢、時代のトレンドからみた
上手くいく根拠を示しましたが
まだ納得いかれませんでした。

 

実際には、
「夫に反対されそうだ」
というのが一番の理由のように
見受けられました。

 

起業に反対されたら
夫の意見を絶対的に尊重し

夫の意見に従って



子供の人生と
自分の人生とを夫に託して
一生を共にする。


もしくは、




夫とよく話し合って
お子さんに選択できる人生を
歩ませるにはどうしたらいいのか
とことん話し合う。

 

わたしが稼ぎ
子供の人生を選択できるものにするのだ
という意志をはっきりと告げる。

 


そのどちらかを選択するだけ
だと想います。

 

日本の女のシゴト人生は厳しくて
35歳を過ぎたら
派遣社員にもなれません。
正社員で転職なんてほぼ無理です。

 

誠に残念ながら
優秀な女性の働き先は
起業以外にないもの事実。

 

夫の扶養の範囲内で
働いている優秀なママが
保育園にも学校にもたくさんいました。

 

夫の反対で
起業できないみなさん、


あなたが自分の専門スキルを毎日磨いて
努力しているのなら
最大のエールをおくります。

 


自分の可能性に蓋をしないで
なんとか切り抜けてください。

日本の社会の機会損失です。

 

自分に自信がないのに
起業を選択し挑戦し
がんばらない理由を


旦那さんのせいにするのなら


それは
旦那さんがかわいそうです。




日本の女性の常識なんて
ぶっ壊せ!
わたしはそう考えるタチです。




もしあなたが
旦那さんのお給料の2倍3倍を
稼ぐようになったら


ガラッと状況はかわります。


わたしの場合は
月商500万円に到達
できるようになってから、


幼少から
一切台所に立ったことがない
九州男児の夫が


一切の家事を引き受け
専業主夫になってくれました。


それまでは
袋ラーメンですら作ったことがなく
鍋というものを使わずに
生きてきた人です。



「お金」にまつわるの
不思議のひとつです。


 

 

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を5年連続で持つことができました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。