ルイヴィトンに学ぶ自分の価値を下げないための戦略 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

ルイヴィトンに学ぶ自分の価値を下げないための戦略

サバイバルウェティング

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

〜自分の価値を下げないための戦略〜


ドラマ「サバイバル・ウェティング」
見ていますか?


寿退社翌日に婚約を破棄され復職した出版社勤務の29歳のOLが、
新上司のファッション誌編集長の指示に従って
ファッションブランドのマーケティング戦略を
取り入れた恋愛テクニックを用いつつ、
成功と失敗を重ねながら
恋愛と人生を切り拓いていく姿を描いたドラマです。


第2話では
ルイヴィトンの戦略が取り上げられました。


自分の価値を下げないために
ルイヴィトンは
過去一度もセールをしたことがない!


それができる理由は
ルイヴィトンが


自分のブランドを
愛しているから。




結婚できずに売れ残っている理由、
そして、いまモテない理由を

 

自分が自分の価値を
下げているからじゃないか?

そもそも自分の価値を自分で認めていない
からじゃないか?

自分が自分のことを愛していないからじゃないか?


と分析したのです。

 

「自分を愛せ。
 俺にみたいな。」

 

サバイバルウェティングの
宇佐美さんは爽やかに
さらっとおっしゃいました。

かっこ良かったですね!!

これはわたしも真実だと想います。



これまで4000人の起業家の方を
分析し分類するとそのデータから
確信を持って。

 


自分が自分の商品を
愛していないとき
売上は上がりません!!!




自分には類稀な価値が
たくさんあることを
知っているのに、




自分のことを
粗末にする人がいるんです。

 

そして、
ダサい服を着たまま
かわいい服を着て
幸せを掴む女性をひがむんです。




ビジネスで言うなら、
自分の人生を豊かにしたいのに



稼ぐなんてダサい
(わたしにはできない)と
言い訳しながら、



マーケティングを学び

努力して飛躍していき

幸せを掴む女性をひがむんです。

 

わたしはおかげさまで
恋愛結婚子供に恵まれ
夫が専業主夫になってくれて
ラブラブのまま、


寝食を忘れてシゴトに没頭できる
人生を楽しめているのですが、


いきなりこうなったわけではないんです。

 

もし良かったら

 

ドラマ:
サバイバルウェティングを見ながら
一緒に学んでいきましょうよ。


起業家としての


マーケティングも
女性の幸せも。



 

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を5年連続で持つことができました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。