女性起業成功例ー奈良の小学生2名子育て中の母が20日で350万円到達できた理由 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

女性起業成功例ー奈良の小学生2名子育て中の母が20日で350万円到達できた理由

木村 万紀子さん

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。


全国の仕事が大好きで
がんばっている皆さんへ。



今日も、

がんばっていたら必ず
成果が付いて来るんだ!
運も開けてくるんだ!と
勇気が出る事例をご紹介したいと想います。



おかげさまで
集まる集客メソッドを学び実践して
月商7桁8桁に到達した方は
94名を数えますが、

94名.jpg

大切なのは、



連続到達と
ビジネスの目標の右肩上がりの成長です。


100万円ではなく、
200万円、300万円、500万円と
個人の専門家・起業家・コンサルタント
の壁である
月商の収益の限界を超えて行くことが
集まる集客メソッドなら可能です。




わたしと出会う前は
奈良県で3500円で
お料理教室を開いていた
木村 万紀子さんです。


20日間で350万円の売上に到達し
今月はもっともっと伸びそうです。



昨日、実は、東京で初の開校日!
お祝いに駆けつけました!

木村さん.png

木村さんが今の心境を語ってくれたので
ぜひ読んでください!

↓↓↓↓↓


私は長瀬さんの集まる集客に入って
2年の節目で、

この20日間で、
月商350万円を超えました。

しかも、料理教室で!です。


個人の料理教室は、
月商10万円というのも普通のこと。



たとえば、3500円の料理教室で、
月に30人のお客さんにお越しいただいて、やっと月商10万円ですが、
料理教室はここに材料費がのってくる。



買い出し、準備、片付け。



私の場合は、スタジオを借りているので、
その経費も。


これで、事業を大きくする のは、
結構大変な業種なのです。


私は2年前、3500円の料理教室を、
4000円に値上げしようか、


それでは、これまで来てくれていた
お友達関係のみなさんに、
値上げといったら、
え~っと思われる
のではないかなと気にしていました。




私は調理科学(サイエンスクッキング)
という分野で
著書を数冊持っています。


その著書は海外でも出版されていて、



お菓子のコツを科学で解説している本は、
パティシエがバイブルのように
使ってくれていたりと、
業界では知られる本を書いていました。

 

その仕事のかたわら、もう一つの顔は、
小学生2人の子供を持つ主婦です。


子供が産まれるまでは、
第一線の料理の世界でバリバリ働きたい
と思ってまい進していました。



しかし、子供が生まれたら、
子供との時間も大切にしたい。



家で本の執筆をしながら、
料理教室をしていました。



料理教室に来てくれる主婦の友達たちは、
私の経歴もあまり知らない。



自分でも言わないですしね。


五歳の時から料理が好きで、
料理を通してコミュニケーションを
広げることが好きで、
好きを仕事にしてきました。


大学を卒業して、
稼げる仕事を探してついた
わけではないのです。



お金?いやいや
それよりやりがいでしょう?
と思ってきた、

かなりの職人気質です。



そうでも思わないと、
ふつうは個人の料理教室って
できないかもしれませんね。


みんなに喜んでもらって、
やりがいを感じられる職業に、
収入は少なくても、誇りをもっていました。





しかし、

実力が発揮できていない!!
という気持ちに常にかられていました。



自分の才能を生かした仕事をしたいのに、
多くの料理教室に埋没するような
おもてなし教室などをしていました。

 


何か違う!

サイエンスクッキングに
特化した料理教室がやりたい!


それで、長瀬さんのメルマガを
3年半とり続けていた私は 、

東京へ長瀬さんに会いに行き、
集まる集客実践会に入りました。

 

主婦が起業して仕事を始めるときに、
みなさん



自分でできること、
自分でやりたいことを
仕事にしようとすると思います。



私もそうでした。


「料理は科学だ!」
と打ちだした、

バリバリのサイエンスクッキングの
料理教室だってできます。


しかし、それでは、
料理のマニア層で
来てくれる人が限られてしまいます。




長瀬さんには、


もっと料理で日々悩んでいる人に
目を向けて、

その人たちの悩みや問題を聴いて、
解決してあげられるような講座を
作りなさいと、日々指導を受けました。


すぐに自分目線に
なってしまうところを



お客様目線で、何が求められているか、
どうしたら喜んでもらえるかを
とことん考えなさいと。

 

私が集まる集客実践会に入った一番の理由は、

「営業なんてできない」

「私の講座、すっごくいいですよ、と売り込みなんてできない」



自分のやっていることは、
誰にもできないことで、
すごいという自信があるにも
かかわらずです。


だからといって、
みんなが気付いてくれるのを待っていても、誰も気づいてくれ ません。



だから「集まる集客」だったのです。




営業職をされている方からしたら、
びっくりするほどダメダメな私が、


「レシピのいらない料理術」
を始めて最初の一年で、
連続して100万の月商を
超えるということは
普通になっていました。




一貫して、自分の講座をいいよ~
とか言えないまま(笑)。




何が変わったかというと、
カスタマーメイクサークルにのっとって


・facebookで発信
・メルマガを配信


とにかく、目の前の人を喜ばせるために
とことんやる、
それだけを考えてやってきました。

 

 

今までの3500円の料理教室は、
ほぼ

友達+友達の友達

にしか広がっていなかったのが、


見知らぬ人が何百人も
来てくれるようになりました。


しかも、ずっとメルマガを読んでいて、
ファンでした。



会いたかったです~と、
来てくれるのですよ。


私としては、
日々だれが読んでくれているのかも
わからないメルマガに
時間をかけて、心を込めて書いていて、



これがどういう結果になって
返ってくるのか未知数の
ところから始めていたので、
こんなにうれしいことはありません。

 


webは、苦手なほうで、
1つ1つに時間がかかる自分に
ため息が出ながらも、
コツコツ続けていました。

 

 

月商100万円は、
受講生さんに喜んで欲しいという
想いだけでやっていて、
それで自然に到達できていましたが、



月商200万は、
営業職のように、

今月●人契約!みたいな
狙わないとできない数字に思えて、


営業がしたくない
私には無理

とどこかで思っていました。




月の売り上げ計画は立てますが、
人の顔 がお金に見えるなんて・・・

という人なのです。

(本当に営業に向いていないですね)

 


私はとにかく目の前の人に、
私の料理のメソッドを手渡して、
喜んで欲しいのです!



それが、
この20日間で、
350万の売上って!




驚いているというわけでもないのです。
たぶん、もっとできますから。




これ以上、
押さえた会場で定員が増やせないですし、
今はこの数字なのです。

 


いつものように、
料理がニガテで苦しんでいる人を
短期間で楽しくお いしいにできるに
変えてあげたい、


私にはそれができると
一緒にがんばっていただけで、
いつのまにか
その月商を超えました。



あれ?そうなんだとびっくりな感じ。

 

このただただみなさんに
喜んでいただいて



私も楽しくて仕方なくて、
「自然に超えた」ということに
驚いています。

 


2016年12月に、
レシピのいらない料理術を
立ち上げたときの私とは、
状況が変わってきています。

 

この夏から、
「レシピのいらない料理術」は
第2フェーズに進みます。


このメソッドを門下生に手渡して、

全国でレシピのいらない料理術を
広めたいという人を募集します。


料理の先生はもちろんのこと、


料理がニガテと思っている方が、
私の料理教室に来られると変わります。


そういう方のほうが、
お客様の気持ちがわかって、
伝わるものですよね。

 


20日間で350万って、
どんなに大変だったのだろうと
思われるかもしれませんが、


私はまだ小学生の娘に、
さみしい想いをさせたくないですし、
鍵も持たせていないので、


この20日間は、娘が学校から
帰宅する時間までには、

ほとんどがレッスンを終えて帰っています。


週末は主人が子供たちを見てくれるので、

そこで、東京へ日帰りで行ったり、
大阪で朝から晩までレッスンしています。

 

だから、やる気さえあれば、
普通の環境で、誰にでもできると思います。

 

ただ、やり方なのです。

長瀬さんの集まる集客は
スゴイ!


こんなに営業ができなくて、
子育てでまだ時間が制限されている私が、

長瀬さんのおっしゃることを
ただただやっていたそれだけで、



大勢の講座生に囲まれ て、
安定した収入を「料理教室で!?」
手にできて、


そのノウハウを、
今度は同じ主婦に手渡すことが
できるようになったのですから。

 

ただ、自分が人ちょっと違うところは、
気持ちが折れないことです。



できない自分に向き合っても、
落ち込みません。


開き直って、次に進みます。



「料理で、日本の主婦をその家族を、幸せにできる!」


という信念を持ってやっていますから、
ちょっとうまくいかなかったからって、
それがなんだという感じです。

 


10年フリーランスで
一人でやってきてうまく行かなかっ た
という過去がありますから、



長瀬さんのアドバイスは本当に貴重です。



私に、経営者としての的確な
アドバイスをくださる方に
恵まれるというのは、


ビジネスを成長させるためには必須です。

 

 
講座を始めて、たった1年半で。



長瀬さんに出会わなかったら、
いまだに月の手取り10万も
いかない
料理教室を
やり続けていたと思います。


好きなことを仕事にすると、
大変だよと生きて来て
何度も言われましたが、




やり方ひとつで違う。
誰に師事するかでここまで違う。


カスタマーメイクサークルの力を
信じてやってよかったです。

スクリーンショット 2018-03-13 12.32.33.png 

しかし、まだまだこれから。

もっと自由な時間が手に入れば、
いくらでもできますから!

長瀬さん、
これからもよろしくお願いいたします。

 

 

〜〜自己紹介〜〜

サイエンスクッキング プロデューサー
木村万紀子です。

【レシピのいらない料理術】を
主宰しています。

レシピがいらない?? 
はいそうです(^^)

大阪、奈良、東京で、
今まで誰もやっていなかった形での
料理教室をしています。


対象は、
結婚したら、毎日料理をしたいたら
料理がそのうちうまくなるだろうと
思っていたけれども、
いつまでたっても「料理がニガテ」と悩む
30~50代の方の料理教室です。


毎日、家族のために料理はしている 。

しかし、

・レシピ検索でしか料理が作れないのがつらい

・味がぶれて、バチッと味つけが決まらない。

・レパートリーに頭打ち。

などの悩みはいつまでも同じで、
料理をどこか仕方なくやっている方々を、

たった1日私のセミナーを受けるだけで、和食の味がお料理屋さんの味みたいになり、

調理実習を3日受けるだけで、家族が「おぉ~!ここはレストラン?!」と盛り上がるような和洋中の料理が、自分で作れるようになるのです。

そうなれば、料理が楽しくって、ワクワクなものに変わります。


なぜ、そ んなことができるのか?

「料理のコツを科学する」これが私の専門だからです。


みなさん料理をしていて、「どうしてこうやって作るのだろうか」とか「このやり方が正しいのかな」と思ったことはありませんか。

それを科学に基づいて、理由をもってお答えできます。

私はそれを専門に22年仕事をしてきました。


それを活かして料理教室をはじめました。

自分の料理教室は、他の誰も立ち上げるできないような内容だという自負があります。

ただ、

・奈良在住

・仕事を持っていても、小学生2人の子育てはきち んとしたい

地方の主婦という顔も持っています。

・・・・・・

どうぞよろしくお願いいたします。

そして、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


木村万紀子

木村さん電子書籍.png
木村さんの電子書籍が無料で読見たい方は
こちらから!
https://science-cooking.com/?p=423&nhmm


集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を5年連続で持つことができました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。