変化のない自分に、 夢もチャンスもない根拠を解説しました

変化のない自分に、 夢もチャンスもない根拠を解説しました


集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。
 

 
変化のない自分に、 夢もチャンスもない。.jpg 
 
「今日わたしが成し遂げるべきシゴトは何か?」わたしは毎日毎日考えています。


考えてから動きます。


わたしが「できたこと」が記録に残れば
わたしが与えられることが増えるからです。
 
 
 
毎日、あなたがシゴトだと思って
ルーティンで行なっていることは、
本当にあなたがすべきシゴトでしょうか?



誰かに与えられる
記録となるでしょうか?


 
いつも疑う癖を
つけてみてください。
 
 
 
重要度の低いシゴトに
時間を取られていては


 
必然的に
「創造すること」、
「決断すること」が少なくなります。
 
 
そんな状況が
2時間、3時間、1日と続くようでは、



 
非常識なアイデアの
夢想・妄想・創造もありませんし、
集中力も続きません。
 
 
何より効率も悪いわけですから、
大きな成果を生み出すこともないでしょう。
 
 
今ルーティンのように行なっていることを
疑ってみること、
 
 
そこに自身の変革成長を加速させる
ヒントがあるんです。
 
 
人の集中力には
限界があります。
 
 
脳ミソを1日中使い続けることや
朝のテンションを
1日中継続することはできない。
ということも少なくないのでは
ないでしょうか。
 
 
 
そこでルーティンワークには、


脳ミソを動かし
夢想・妄想・創造する
”重要度の高いシゴト”を

置くように整えます。
 
 
 
自分が、ダラダラ星人とだと思う人は
そんな自分に、きっちりと
さようならと決別しましょう。
 
オサラバ。です。
 
 
いつもと質の違うワークと
ルーティンワークを取り入れることで、
 
 
メンタル的なメリハリが生まれ、
各工程ごとにリフレッシュされた
状態を以て、
 
 
より効率の高い作業を進めることが
出来るようになります。



 
「 一日一成長」
 
 
何かひとつでもいい
昨日の自分と違うと
自分が自分を認められる何かに挑戦し
 
 
明日を迎えましょうよ。
 
 
 
 
集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。