理不尽な●●への鬱憤はタネ、成功は最高のリベンジ

理不尽な●●への鬱憤はタネ、成功は最高のリベンジ

レベッカ・ウィルソン

どんなに優秀でも
志が高くても

女性は妊娠し子供を持ったら
キャリアアップは望めません。

実は日本だけではなく
オーストラリアでもそんなことが・・・・。


オーストラリアの金融系企業で
マーケティングの経験を積んでいた
レベッカ・ウィルソンさんは、


上司に第一子妊娠を告げたら
産休後はキャリアアップは望めない
と言われ


秘書になるぐらいなら辞めよう
と決断したんだそうです。


そんなとき60歳を迎えた両親を見ながら、
ご両親がよみたくなるメディアがないことに着眼

60歳以上を対象としたメディア「Starts at 60」を立ち上げた。

健康、ライフスタイル、お金などの分野で
記事を揃えたところ、読者が飛びついた。
口コミでどんどん読者は拡大し、


いまや推定250万人いるとされるオーストラリアの
60歳以上のFacebookユーザーのうち、
100万人がStart at 60の読者だ。
今では月間670万ページビュー、
毎日2万5000件以上のコメントがあると言う。

(参考:https://www.businessinsider.jp/post-100595



子供がいるから
キャリアアップできなかった人が


起業したり
フリーランスとなり


成功することは
最高のリベンジです。


男性上司や男性の同僚のお給料なんて
超えちゃえ!


とわたしはアドバイスしたいです。

 

ちなみに今の日本の
65歳以上の高齢者人口は3384万人
ー平成27年9月15日現在推計ーで、
総人口に占める割合は26.7%。


Facebookの国内ユーザーが
2800万人いる中、
60代のユーザーが約30%
つまり840万人いるんです。


オーストラリアより多いんですよ。


レベッカ・ウィルソンさんのような
リベンジができる


そんな可能性があるんだと感じませんか?



あなたはどんなチャンスで
起死回生を狙います?




ピン!ときたなら
アイディアを持っているなら


すぐにわたしとディスカッションして
アイディアをカタチにすることを
おすすめします(^_^)

 


あなたがシゴトがしたくて
とにかく頑張り屋さんなのであれば


世の中のためにそのチカラを
活かして欲しいと想います。

 

ただしそれには、
あなたがどの分野でどのような
ポジションでどんなことをしたら
それが叶うのか、


新しいものをカタチにする
プロデューサー思考
が必要です。

 

どうしたら自分が変われるのか?
未来の自分と出会うドアの
鍵をこじ開けたい方は、
次のメルマガを期待していてくださいね!!




集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。