女性起業家尾形さくらさんの成果事例 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

女性起業家尾形さくらさんの成果事例


集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。


起業家の頭の中の整理整頓について
昨日、一昨日と
テーマにしておりましたが
早速の反響をありがとうございます。



起業家としての思考の整理が
できていなくて、


わたし自身かなり悩み
苦しんできたのですが、


なんとか、なんとか
わたしの門下生たちには、
同じ失敗を繰り返して欲しくない、



短期間でできないかと開発した
新型アクティブドリル。

アクティブドリル画像.png

この新型アクティブドリルを使って
新商品の売上獲得まで約1ヶ月
となった

一般社団法人
自己承認力コンサルタント協会理事
尾形さくらさんに


インタビューをしましたので
シェアしますね。


尾形さくらさん.jpg

1:集まる集客実践会に入る前は
どんな悩みをお持ちでしたか?
どんな期待をしていましたか?


勤めていた会社を辞め、
理事として協会を引き継ぎ

自己承認力という
魅力的なコンテンツをもっと
多くの方にお伝えしたいと思っていました。



実際は、
企業様の研修や講演が中心でしたので
協会主催の講座に


一般の個人の方が
自ら足を運んで学びたいと
思っていただける
新たな講座アイデアを模索中でした。

そんなときに協会代表の紹介で
集まる集客のことを知り


多くの起業家さんを勝たせ続けている
プロデューサーである長瀬さんだったら
どんなヒントをくださるのだろう?


と、期待して個別相談会に伺いました。

 


2:実際に新型アクティブドリルで
ビジネスを企画創造しはじめて
はじめての売上を手にする前での間に
感じてことを教えてください。
不安や苦労がありましたか?




新型アクティブドリルは
自分自身の頭の整理
にもなりますし



あっという間に
「この商品ほしい」と思わせる企画書が
作れてしまうので



協会の仕事をしながらも
私個人のオリジナル商品を
つくることが出来ました。


一人で企画書を作ると完成が見えず
何日もかかっていましたが
新型アクティブドリルをつかったことで


悩まず1日で終わることが出来ました!

アクティブドリル画像.png

企業様の研修や講演は
ご紹介やHPからのご依頼が
ほとんどでしたので


自分から自己承認力の商品を
お客様にクロージングしたことがなく
体験会を始めてから1ヶ月は
売上に繋がりませんでした。


体験会の満足度が高いのに
成約につながらないのはなぜか?
と、考える期間はありましたが



集まる集客の実践会で
アドバイスをいただくことが出来ました。

集まる集客実践会2.jpg

教えてくださる起業家仲間、先輩の方が
いらっしゃるのも有難かったです。




そして困ったときはいつでも
長瀬さんにメールで
相談が出来るシステムがあるので
自分なりに色々試しながら挑戦できました。



一人きりで
考え込んでいたら

企画スタート1ヶ月で
成約はとれなかったと思います。



3:実際に自分のオリジナル商品が売れ
初めての入金があったときはどう感じましたか?


オリジナル商品をご紹介したら

即決でお客様から
「欲しい」と言ってくださりご成約、
次の日にご入金
いただきました。
大感激しました!


必要としているお客様に
自己承認力をご提供したいという
当初の希望が叶い、
とても嬉しかったです。




その後、もう一人のお客様にも
同じようにすぐにご成約いただきました!



引き続き、自己承認力の魅力を
多くの方にお伝えしていきたいと思います。

 

 

一般社団法人
自己承認力コンサルタント協会
理事  尾形さくらさんの

自分を認めることで
目標をやり抜くチカラ
自己承認力®トレーニング個別体験会
http://h-polish.com/kobetu201803/



(ここまで)

あなたもきっと
頭の中を整理整頓することで

新しいお客様に感動を
与えることができる。

シゴトの成果があがる。


そのように確信しています。



わたしが仕事に対して情熱的な
尾形さくらさんのような方を
育てるのに
わたしが行っていることを

徐々に解説してまいりますね。

 

明日のメールに続きます。

 






 

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を5年連続で持つことができました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。