Googleのソーシャル検索とは?

NO IMAGE

Googleのソーシャル検索とは?

 

まずはこちらをご覧ください。
Googleの検索結果が変わることを説明しているGoogleのCMです。

 

ソーシャル検索は、検索時に、利用者の友人や知り合いが公開している関連性の高い情報があるとき、誰が提供している情報なのかを利用者にわかるように検索結果に表示する機能。ソーシャルサークルと呼ばれる個人的なつながりを活用して、膨大な情報の中から、関連性の高い情報を簡単に見つけることができるようになる。ソーシャル検索は、通常の検索結果と一緒に表示される。

 

参照元:グーグル、日本でもソーシャル検索をスタート
http://markezine.jp/article/detail/13919 

 

 

Googleの検索結果が一人一人違ってくるということですね。

 

自分のチェックした情報、自分の知人の情報、すなわち
『身近』で『信頼性ある』情報が検索結果を彩ることになるのです。

 

こうしてパーソナルになってくる検索結果に
SEO対策の既存のマーケティングノウハウが通用しなくなります。

 

ソーシャルメディアを使ったエンゲージメントを高める戦略

いま導入検討なさることをおすすめします。

 

ソーシャルメディア時代の新しいWEB戦略を!

1/21(土)開催 新・ソーシャルエンゲージメント戦略セミナー

2/2(木)日刊工業新聞社主催新・ソーシャルエンゲージメント戦略セミナー

 

”集める”から”集まる”仕組みを実現できる

即実践型WEB戦略

新・ソーシャルエンゲージメント戦略セミナー

 

WEB戦略のプロの立場から、
ソーシャルメディアを効果的に活用できずに悩む方に向けて、
顧客を”集める”から”集まる”仕組みを実現できる、
即実践型のWEB戦略についてお話します。

 

無料で『とりあえず』はじめたTwitterやFacebookページの
運用に悩む方のために、

『集めたい』顧客が自然と『集まる』仕組みと仕掛けを用いて
WEB戦略を自社のセールスマンに育て上げるための
トータル的なWEB戦略マップを描きます。

 

『とりあえず』ソーシャルメディアをはじめただけの企業と、
WEB戦略を持ちソーシャルメディアで『効率的に』
顧客と結びつくことのできた
企業とでは、その差は歴然となるでしょう。

 

Twitter、mixi、Facebook、You-tube、Ustream・・・・
これらのソーシャルメディアと、そのマーケティング手法について
ソーシャルメディアが論じられることが活況な昨今。

 

さらには、Google+(グーグルプラス)やLinkedin(リンクトイン)といった
新しいソーシャルメディアの台頭が目立ち、
いまやソーシャルメディア乱立時代を迎えようとしています。

 

ソーシャルメディアの本質を正しく捉え、
他社より一歩先をゆくための2012年の新たな一手、
顧客の集まる流れを生み出す飛び道具としての
『WEB戦略の質』を高めていく必要があります。

 

「 新・ソーシャルエンゲージメント戦略セミナー」では、
多種多様なソーシャルメディアの存在に振り回されることなく
”ソーシャルメディア”×”ホームページ”×”リアル”を効率的に組み合わせ
『集めたい』顧客が自然と『集まる』仕組みと仕掛けを解説します。

1/21(土)開催 新・ソーシャルエンゲージメント戦略セミナー

2/2(木)日刊工業新聞社主催新・ソーシャルエンゲージメント戦略セミナー』

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f