【事例】勝てるステージは非常識の世界にだけ存在する

【事例】勝てるステージは非常識の世界にだけ存在する


集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です!

メルマガのバックナンバーを
一部公開しています。

 

”誰よりも突出したい
リミッターを超えた自分に出会ってみたい
すごいと想えるシゴトがしたい”


と考えているならば
すぐに行動してみたら
良いと想います。

 

わたしは、昨日
集まる集客実践会メンバーに

 

10分で立て直せる段取り戦略の
講義をし、

自分のリミッターを超える
過去最高の成果の創り方について
教えていました。

実践会2.jpg


それは、
私自身の体験を元にお話ししています。



「10分で立て直せる」というのは
大げさで、短いように
想うかもしれませんが、

 

(注意)大好きなドラマ
24のジャックバウアーさんの影響かも
しれません。

 


サラリーマンから起業し、
6年半生き延びてきたわたしが、


何度も何度も


タスクや時間の管理や全体の俯瞰が
不足していたことによる


経営の危機の局面をクリアしてきた
経験がそうさせるのかもしれません。

 

人は、その気になれば
何でもできるものです。(笑)



できるからやるのではなく
やるからできるんです。

 

10分でも、30分でも
その時間内にやりきるという意志と
チャレンジが連続していけば、

 

『ああ今、わたしは
リミッターを超えたなあ』と
感じることができるようになります。

 

新しい自分に
出会えるのです。




わたしの元には、

「女性に何か貢献できることをしたい」
「女性の生き方を変えたい、支えたい」

という起業家さんが集まっています。




そんな志があってもいつもあなたは、
「忙しい」ことでしょう。
「体がつらい」ことでしょう。
「親の介護」も大変でしょう。
「男性や家族の理解」もないでしょう。
「子供に悪い」と責任を感じることでしょう。



だけれども、
そんなイイワケを続けていたら
このまま2017年が終わり
2018年もモタモタしていて
2019年が来て
2020年には、
イイワケおばさんになっているかも。



誰よりも突出したい。
リミッターを超えた自分に出会ってみたい。
すごいと想えるシゴトがしたい人に、


わたしの実践会でシェアしている
成果の事例を詳しく教えてあげたいです。

 

実践会.jpg 

空室を抱えた大家さん向けの
無料電子書籍を
1307人に届け
全国の大家さんからの
個別相談会の予約が
自動的に3ヶ月先まで埋まる。

 

くびれをつくりたい女性向けの
電子書籍を
2週間で1500人に届け
体験会の予約が
自動的に3ヶ月先まで埋まる。




これらの事例は、


10分、30分という時間を活用して
段取り戦略を立てて行いました。


出版するもことなく
広告費を使うことなく


Facebookで応援されたり
業界紙で取り上げられるなど、


成果の反響と
人との関わりによる
「レバレッジ」を最大限に活かして、

 

通常ではありえない
非常識な成果を残しています。

 

そして、
そのベネフィットは


理想のお客様だけを
選べる立場になり変わり、


集客のストレスや
お客様との関わりによるシゴトの
ストレスをなくすことにも
波及していきます。

 


誰よりも突出したい。
リミッターを超えた自分に出会ってみたい。
すごいと想えるシゴトがしたいという

 


今日のメールを
あなただけの勝てるステージの
着想・発掘・成果へのヒントとして
活用いただけたら何よりです。

 


わたしにも
何もできないない状況があり

未来の自分にも何もできないと
勘違いしていた状況がありました。



しかしながら、



いまの自分ではいまの現環境では
絶対に変われない。

 


もっと挑戦したい。


と判断したタイミング
つまり勝負したいタイミングが
ありました。

 

"選択できる人生を
歩み歩ませる"


という言葉を今は使うように
なりましたが



起業当時のわたしにとっては、

全然想像もつかない
とてつもない非常識な
”高き想い”でした。


勢いで起業をしてしまってから、


コンサル業の女ひとりの会社が
3年で億を超える収益を
出せるようになり


年が明けたら8年目になります。



わたしのメソッドを使って、
月商7桁、8桁到達の起業家が
続々と生まれているのはなぜなのか?

 

実はある
「3つの教えが重なったこと」
によるモノでした。

 


明日のメルマガ続きます。

 

 

集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。