【年商1000万への道-6】情報大好き・飽き性のタイプに多い質問とは?

【年商1000万への道-6】情報大好き・飽き性のタイプに多い質問とは?

aebb297befc926fbec2085b8fd44c7a8.png

■いつまでにどんな数字を目指してますか?


集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。


集まる集客の科学式、
カスタマーメイクサークルの中身は、

カスタマーメイクサークル基本形.png


Facebookやブログやメルマガやセミナーや個別相談会などをお客様を飽きさせることなく継続的に行うということですが、


よくこんな質問を受けます。


YouTubeはどうなんですか?
LINE@はどうなんですか?
電子書籍はどうなんですか?
出版したほうがいいですかね?

この質問をするのは
情報大好きタイプ、
飽き性のタイプの方が多いんですよね。


わたしも思いっきり
最先端の情報が大好きで
誰よりも飽き性ですから
よくわかりますよ。

スクリーンショット 2017-05-07 18.51.58.png

集客の手段を増やすのではなく
いかに減らすのかを考えて欲しいのです。


一体いつまでに
どんな売上を獲得したいのか?


それを実現するためには、
いつまでにどのくらいの数字を
目指したら良いのでしょうか?


わたしは実践会のメンバーたちに
学べば学ぶほど積み重なるタスクを
捨てることを前提に
考えて動いてみてもらうことに
しています。



本命商品が20万円の方なら。


毎月新規のお客様が
5名ずつ確実に集まるように。


個別相談会は
毎月20名。


セミナーは
毎月30〜40名。


メルマガ読者の獲得は
毎月300〜500名。


Facebookでの
いいねの数は目指す必要はないですし、


Facebookでのお友達の数は
増やすことを目的に動く必要は
全くありません。


だけれども、
Facebookをきっかけとして
メルマガ読者の獲得を
毎月300〜500名獲得するための



具体的なコンテンツの内容を
考えていきます。


わたしはFacebookを見てもらったら
おわかりの通り


いいねの数もお友達の数も
そんなにありませんけれど


メルマガ読者の数は累計で
約3万人います。



毎月毎月の
目指すべき数字と
捨てて良い、忘れて良い数字と


その切り分けをしっかりと
行っているだけのです。


 

その結果、
わたしひとりの会社なのに、
プロデュース業だけの売上が
1億円で安定してきて
4年を迎えられることとなりました。



あなたが究めるべきは、
いかに集めるのか?
ではなく
いかに捨てるのか?
です。


ゴールデンウイークの
浮かれ気分もそろそろ終わりですね。


少し緩んでしまったと感じる方は
改めて身を引き締めて


あなたの人生を変える
シゴトに頭を使ってまいりましょう。


5月後半に
これまでの年商1000万円への道
シリーズを読んだ方を

わたしの個別相談会に
ご招待したいと考えております。

若干名となると思いますが、

また改めて詳細はお伝えしますね!!



集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。