【年商1000万への道-3】自分が勝てるポジション探しの方法

【年商1000万への道-3】自分が勝てるポジション探しの方法

2fbb849860af4b606ea30feec6e541bf.png


集まる集客プロデューサー 長瀬葉弓です。
カスタマーメイクサークル基本形.png




日々個別相談会にて
全国からのチャレンジャーの皆さんからの
生の声をもらって、


わたしは、勇気をもっともっと
与えられるようになりたいという
強い想いや、
実現へのアイディアがあふれ、


今は、まとめたり書き起こしたり
するのが楽しくてたまりません。


なぜならば、
サラリーマンを辞めて
起業したばかりの頃の
「自信がないんです」が口癖の
わたしにそっくり
だからです。




サラリーマンだった頃のわたしは、
会社や同僚や先輩や上司やお客様に
対して不平不満ばかり抱えていました。



お客様の前では
ニコニコと大サービスをしていても


社内や家庭内では
そのクライアントの悪口や不満を
口にしてしまっていました。


そのお客様の耳に
直接に陰口が入るようなことは
ありえないことですが、
 
 
今思えば、


お客様も同僚も、人間なので
それを感じるだけの能力があり、


お客様に対しても、周囲の人に対しても
自分の仕事に対しても


本当に愛する気持ちがあれば
変われたかもしれませんでした。


起業してみて
当時のわたしのことがよく
わかるようになってきました。


色んな通過点を経験しながら
起業して6年経ち、少し経営の本質が
語れるようになってきたと想います。
 

スクリーンショット 2017-04-29 22.18.33.png
 
 

「本当に自分にできるのかどうか自信がない」
そんなときは、どうするのか?


ここ数日だけでも
そんな質問を3名から受けました。


1つは、
それが自分が愛せる仕事なのかどうか?
振り返ること。
 
そうでなければ自信も勇気も
湧いてきません。



もう1つは、
正しいと信じられる具体策を持って
人よりも大量に行動すること。
 
 
 
わたしの場合はこの2つでした。
 
 

もしあなたにも、
「自信がない」という現状から
変わりたいという願望があるなら、


 
 
今変えるのか?
それとも、一生変えないのか?
 

今変わろうと決断し
明日から少しずつ変化成長しているのか?
 
 
 
選択するのは「自分」なのですd(-_^)
 
 
 
ところで、
 
 
年商1000万円を実現するには
こんなことも考えなくては
時代の流れに負けてしまうかも。
 
↓↓↓↓↓
 
 
■今の日本で、自分が絶対に勝てるポジションは何だと思いますか?


他のライバルは今どんな状況で
どんなことを誰に向けてどう伝えているのか?
調査してみていますか?
 


誰もやっていないなと思ったらGO
なのですがね。


 
すぐに思いつかないのなら、


まずは、ライバルのホームページを
100サイト程度
チェックしてみましょう。
 

自分のビジネスとどんぴしゃり同じの
ライバルと


ちょっとだけ目線、路線を変えた
類似サービスに目を向けます。




たとえば、
乳児向けの教育サービスを考えていたとしたら
乳児向けの食事
乳児向けの玩具
など、ちょっとずつ目線をずらしながら
見ていきます。
 玩具.jpeg
 
 
たとえば、
50代の方にお着物を売るサービスなら、
海外旅行や
自己啓発講座
宝石などに目線をずらしながら
情報を収集していきます。
 
 

着物.jpg
50代の方が
他にお金を使っているものは何かと考え、


50代の方の思考回路や、価値観
いまのトレンドから見た感性は
どこに向いているのだろうと
 
想像してみます。




こんなことを考えるのが
わたしには楽しくてたまらないのです。
 
 
たくさんの情報収集をしながら、
自分が勝てるポジションがないかと
20個ほど書き出してみてください。




そのうちのどれかが
ヒットする
可能性がありますから。



スクリーンショット 2017-04-29 22.18.33.png

できるから、やるのではなく
やるからできるのです。



明日以降はこんなお話をします。

■それがうまくいくという根拠はありますか?

もし販売を開始した時に何かリスクはないでしょうか?メリットだけじゃなくてリスクも想定しておくべきですよね。




■どの部分のどんな数字をいつまでに目指すと確固たるポジションが確立できるでしょうか?

想定で構いませんから科学式を創ってみませんか?Facebookファン数、ブログ読者人数、メルマガ人数、個別相談会人数、本命商品購入人数等々です。



■その数字をどうやって目指したら良いでしょうか?

具体策は、かくかくしかじかですねえ。
とカスタマーメイクサークルを元に
お話していきます。

カスタマーメイクサークル基本形.png

 
 
集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。