■売上をあげたい時、どんなビジョンを描いていくか?

■売上をあげたい時、どんなビジョンを描いていくか?


集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。
 
 

売上をあげたいとしたら、
 

とにかく名前を知ってもらって
自分の存在感を高めるために、
 
 
 
大手企業なら
名前をとにかく刷り込む
テレビCMを創る
といった手法がとれます。
 
 
 
すると、
テレビをつけている方々に
広く薄く広まっていきます。
 
 
 
ところが、最近では
大手企業さんたちも
 
 
イベントを開いて
一人一人に製品の良さを
体感・体験してもらい
SNSで投稿してもらうといった
 
 
つまりテレビではなく
個人のメディア(SNS)を使って

濃いファンを作るということを
目的にした戦略が
 
 
 
電通・博報堂さんたちからの
企画案として提案・実施されています。
 
 
 
わたしたち個人起業家は
 
 
電通・博報堂さんのような
広告代理店さんに
「商品の売上をあげたい」と依頼して
考えてもらう時間と費用がかけられない
ワケですから、


 
個人の売上をあげたいと
考えるときには、
 
 
「とにかく名前を知ってもらって
自分の存在感を高める」
ということも
 
 
「濃いファンを作るということ」
ということも
 
 
「紹介や応援をしてくれる人を探す」
ということも
 
 
ぜんぶ
自分で考えて動いています。
 
 
仮説を立て、打ち手を並べて
どれが効果的なのか、
 
 
いま本当に何を行うべきことは何かを
常に判断しながら動いています。
 
 
もちろん
自分の専門分野を活かした
シゴトでお客様を喜ばせながら
売上をあげる戦略立案も集客も
同時進行で行っています。
 
 
これってすごいこと
ですよね!?
スクリーンショット 2017-04-06 9.30.17.png
長瀬さん、わたし正直に言うと、、
起業してからこれまで、
戦略をちゃんと考えてこなかったんです・・・
 
広告を出しても集まりませんし
ライバルのスクールやサロンが
随分増えてきたので
さっぱり集客ができなくなっています。
 
 
何が自分の強みなのか
何をウリにしたらいいのか・・・・
わからないんです。
 
スクリーンショット 2017-04-06 9.30.09.png
 わたしの個別相談会に参加する
個人起業家さんたちは、
こんな風に悩んでいる方が
非常に多いのですよね。
 


そこで、わたしは自分が行っている
戦略フローを教えてあげています。
 
 
自分の商品だけが他のライバルよりも
選ばれるための
 
 
新しいヒット商品の企画創造(開発)
からしっかりと行うと、
 
 
広く浅くではなくて、
濃いファンを作るということが
できるようになります。
 
 
商品づくりと戦略づくりは
非常に密に繋がっているので、
わたしには切り離して考えることは
できません。
 
 
よく美容系の方が
心と体はつながっているって
おっしゃるじゃないですか。
 
 
わたしも同じです。
商品づくりと戦略づくりは
つながっているんです。
 
 
こんな会話をしながら、

どうやったら
新しい商品づくりができるのかの
8ステップを
 
 
質問に回答していただき、
その回答にアドバイスをしながら
進めています。
 
 
 
欲しいという方には
わたしが門下生の先導のために
使っている実際の教科書のページを
写真に撮ってお持ち帰り
いただいたり、
 
スクリーンショット 2017-03-24 21.49.46.png
 
 
必要な方には、
戦略案をお絵かきしながら
イメージしやすい形にして
お伝えしています。
 
スクリーンショット 2017-04-01 19.47.30.png
 
 

リミッターを超える人生を
あなたにも。
白黒逆転させることも戦略次第です。



 
集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。