最初の思いつきで戦略を立てる悪い癖を直す方法は

最初の思いつきで戦略を立てる悪い癖を直す方法は

最初の思いつきで戦略を立てる悪い癖を直す方法は



”起業ブーム戦国時代における
個人起業家における戦略を
効率的に組み立てるには?”


テーマについて少しお話します。


ある業界や分野で勝ち残るため
戦略を立てるには


業界について
十分な知識を持っていなければ
なりません。

 
個人起業家2017年における
現場で実地経験に
勝るもはないでしょう。


 
10年以上前やアメリカで成功した
実地経験では現役では勝てません。
ちょっと違いますで。



現場で実地経験を積むと
「こ状況ではこれが
 うまくいくんじゃないか」
とか


「こ状況ではこういうことで
 失敗するかもしれない」


といった
「判断」がつくようになります。




最初思いつき、つまり直感で
戦略を立てる方がいますが、


悪い癖を直す方法は
実は簡単です。


最初アイディアや戦略だけで
終わらせずに


必ず、他にももっと
人が思いつかないようなアイディアが
ないだろうかと


戦略も探しみることです。




ところが
いくらわたしがそう教えても

大抵人が最初アイディアにこだわり、
アイディア範囲内を突出しない
派生バージョンしか
モノを考えようとしません。



意識的にせよ
無意識的にせよ
 


複数案を考える
いやで、嫌いで
苦手で、面倒くさいです。



無理やり出してくる
「別戦略」といっても、
多く場合は、



アイディアをちょっと変形させた案、
形ばかり付け足しをした案、


そうでなければ
「次回もっと考えていきます」
「もっとデータを集めてから考えます」
といった、逃げで終わることが多いです。



たくさん戦略案を立てるには、


最初思いつきアイディア弱点を
克服できる案だといいですよね!!



最初思いつきアイディアより
優れたアイディアや戦略を練るためには、


最初アイディアを
「破壊」するという
ステップが必要になります。




あなたが
お客様からお金をいただくと決めた
商品アイディアは
どんなアイディアですか?



自信があることは何ですか?
大好きでたまらないことは何ですか?
未来自分ならできることは何でしょう?



そんなぶっとんだアイディアは
どうせ失敗するからやめておけ!


と反対やストップを促す人も
いるかもしれませんが。


マーケティング視点から見ると
破壊的でぶっとんでいるアイディア
ほど成功につなげやすくなります。



わたしは
あなた挑戦を応援するし、
 
もしも失敗したときに
どうすればいいかも
一緒に考えていきたいと
想っています。

 



一般常識的な知識ノウハウをお持ち
コンサルタントからは出てこないような


自分成功事例しか持ち合わせない
成功者からは出てこないような


あっと驚く作戦(具体策)
を立てて
前で魅せてさしあげれる
わたし持つ特技です。

わたしのつくった起業家の教科書

・わたしが作戦を企てる●●基準
・焦土作戦・奇襲作戦・陽動作戦
・作戦が想定以上に失敗した事例
・作戦が想定以上に成功した事例
・意外と使えるおトモダチ作戦
・小さな勝ちを大きな勝ちにつなぐ方法
思いつきを大作戦に変える方法



などなどをわたし教え子たち以外

チャレンジャーたちに

伝授しトライしてみたいと想うんです。
 

参加費は54000円、
3名限定で考えています。
募集開始日はまだ決めていません。
ちょっと待っていてくださいね。

4月個別相談会.png



3月中にお会いする予定残り5名
個別相談会参加者方には
10800円参加費にて
特別に先行して
お伝えしていきます。




続きをまたメールします。
集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。