【相手の気持ちを想像できるというのが愛。愛に溢れる話をどうもありがとうございました!】

  • NO IMAGE

<グローイングCODE return with treasure
 アフターミーティングに参加して>

 

長瀬葉弓さん

昨日は本当にありがとうございました。

ポジショニングフォトグラファー
Ryu Kodamaです。

 

長瀬さんの仰る
環境を提供出来る側としての視点、
自分のフロントエンドセミナーにも
置き換えたいと思いました。

 

どんなゴールを得てもらうために
どんな環境をセットアップするかという発想は
自分には全く無かった発想なので、
そうやってハワイの企画も
作って下さっていたのかということ、
また自分にも置き換えられるという
気付きを得ることが出来ました。

 

人を勝たせるには
まず自分が勝つこと。

自分が出来てなければ
証明出来てないので
誰もやろうと思わない。

大変腑に落ちました。

 

後藤さんのお話にも有りましたが
どうして売り上げを伸ばし続ける必要があるのか?

それは周りの人のため
ついて来てくれる人のためだったのですね。

自分のことだけを考えていては
出て来ない発想、
与える達人でなければ
出て来ない発想だと感じました。

 

自分だけ豊かになれば良ければ
月商300万円で十分、
それ以上の世界もちょっと見てみたい
という程の感覚であったものが、
長瀬さんのお話を伺い
違うレベルで捉えられる様になりました。

 

自分だけでなく
関わった人が売り上げを上げる。

相手の気持ちを想像できる
というのが愛。

愛に溢れる話をどうもありがとうございました。

 

ポジショニングフォトグラファー
Ryu Kodama(東京都・30代)