【価値を生み出し続ける人の思考は、何かのセオリーがあるように感じました】 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

【価値を生み出し続ける人の思考は、何かのセオリーがあるように感じました】


数多くいる、web戦略コンサルティングの中で
なぜ長瀬さんにお願いすることにしたのには
1つの明確な理由があります。

 

それは、今年の1月
WEB戦略を導入することを社内で決定し
様々なコンサルティング会社から
提案や説明を受けた中で
たったお一人だけ、
再現性のある「方程式」をお持ちだったからです。

 

私は、このところの時代の流れで
少数精鋭の独立系コンサルタントは
過去にないほどの厳しい競争が待っていると
確信しています。

その理由は

1.
起業ブームや女性活躍推進の流れで
誰でも、彼でも「コンサルタント」を名乗り、
業務委託者として市場に低価格で
流入してくる状況が整ったこと。

2.
専門的なノウハウも
瞬時に古くなっていき、
常にブラッシュアップ出来る環境を
整えることが必要になったこと。

3.
稼ぎ頭が一人、または少数であるという状況は
「何かあったら、そこで全てがストップする」
という大きなリスクを
常に抱え続けなければならないこと。

 

 

そこで、この3つの課題を解決する「答え」を
既に持っていた長瀬さんに
i-web戦略のコンサルティングを
依頼しました。

スタートしてから
まだ、たった1カ月ですが
戦略ミーティングでは
過去にない、企画創造を経験することになりました。

 

それは、企画創造のステップで

1.マーケティングとして
  たった1人のお客様を絞り込む時の
  質問が、シンプルながら
  確実に不要な情報をそぎ落としている

2.理想のお客様のビジネスレベルを
  しっかりと浮き彫りにし、
  対象外にしなければならない
  範囲を明確にする

3.どこにもない、誰も使っていない
  そして、誰にでも伝わる言葉で
  企画に、生きたネーミングをつける

 

このスタイル、以前どこかで見たことが・・・
と思ったら、ソフトバンクの孫正義社長が
新しいアイディアを生むためのステップと
ほぼ似ている!と思いだしました。

やはり、価値を生み出し続ける人の思考は
何かのセオリーがあるように感じました。

 

企画創造の段階で
このハイレベルな体験をさせていただいたので、
次回以降の接見が今から楽しみでもあり
かなり覚悟して臨もうと思っています。

長瀬さん、
素晴らしいお時間をありがとうございました!

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f