三石由佳さん【私はこれからも、女性に愛と勇気を与える起業家として背中を見せる存在でありたいと考えています】 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

三石由佳さん【私はこれからも、女性に愛と勇気を与える起業家として背中を見せる存在でありたいと考えています】


三石由佳さん(東京都・30代)さんから

長瀬さん

今回はこのような機会をいただきありがとうございます。
私自身が大きく変わるきっかけとなったこと、
本当にありがたく思っています。

 

 

抱えていたお悩みは何ですか?

私が抱えていた悩みは2点です。

1つ目が、
集まるお客様にしっくりきていなかったこと。

私自身のビジネスに対するスタンスである
・諦めずに進み続ける
に共感してもらえるお客様と
なかなか出会うことができなかったことが
悩みの一つでした。

 

楽しそう、面白そう、と
興味本位で会いに来てもらえるのですが、
自分自身がそこまでやりたいとは
考えていない人であったり、
本気になりきれない人と会うたびに
どうしたものかと考えていました。

リアルで人と出会うことはとても好きであり
得意であったこともあり、
そういう人と出会うためには
新しい人脈を作るためにリアルの場に出て行くこと
それが解決策だと考え、自分なりに試行錯誤していました。

 

2つ目は、
先生と生徒の関係性を築くことが
とても難しかったということ。

いろんなタイプの起業家がいるとは思いますが
友達のような関係性をお客様に求めるのは
個人的に違うと考えています。

それは友達という間柄では
双方ともに甘えが出てしまい
「大変なんだよね」
「そっかなら仕方がないよね」
というコミュニケーションが成り立ってしまうのは

本当の意味で勝たせてあげることができない。

私は起業家を勝たせてあげる
プロデューサーになりたい。

そのために先生と生徒の関係性
必須だと考えています。

 

話は戻し、
そう思っているにもかかわらず

メルマガを読み、
フロントエンドセミナーまで来てくれたとしても、
どこか先生と生徒としての関係性が希薄なことを
感じていました。

セミナーでの感想も
「楽しかったです」
と言われることが続き
どうにかしなければいけないと感じていました。

 

その対策として私が考えていたのは
フロントエンドセミナーで
先生であることを意識してもらうために
セミナーの内容を検討すること、でした。

セミナーでの立ち居振る舞い
セミナーの内容などを見直すことで

お客様との関係性を変化させようと
そればかり考えていたのです。

 

 

挑戦したきっかけ

長瀬さん自身が初めてお会いした時よりも
ものすごい勢いで進化されていらっしゃったこと、

集まる集客をもとに
勝たせている起業家の事例が非常に多く
その方々を見るたびに、私もチャレンジしたいと
強く考えるようになりました。

すごい勢いで進まれているプロデューサーだからこそ
私もお願いしたいと感じたことでもあります。

 

また、自分が今まで挑戦してきた記録を
求めている人が多いことを感じ
まとめることで誰かの力になれるのではと
感じる機会が増えてきたことも
私の背中を押してくれたきっかけでもあります。

 

 

どんなところで悩みましたか?

記録を取ることの重要性に気づいてはいたものの
正直数字を扱うことがとても苦手で
また分析することも非常に時間がかかり
なかなか頻繁にできないことがネックになっていました。

 

 

プロデューサーから得られたことは?

長瀬さんから得られたことは
非常に多かったのですが
大きく分けると3点です。

1、カスタマーメイクサークルという軸があったこと

カスタマーメイクサークルという集まる集客の科学式に
あてはめるだけで私の悩みは解決しました。

来て欲しいお客様像を明確にし
そのお客様がやってくるステップに応じて
何を提供するのかをそれぞれ設計し直すことができたことが

結果的に来て欲しいお客様を引き寄せることに
繋がるんだと感じました。

 

2、記録する指標を示していただけたこと

記録を取ることが苦手かつ続かないので、
どのようにすればいいか悩んでいましたが

記録用のシートを用意いただいたので
何を元に数字を管理したらいいかよくわかりました。

 

それまで、感覚でこの投稿は反応がいいとか
今日は解除の数が多いと感じていたものが
数値にしてみると全然違ったことに気づくことが多かったのです(汗)

数値をもとに正しく記録することが重要だと
気づいていたものの、その指標がないとわからないものです。
記録をつける指標を示していただいたので
後はそこに記録していき、自身でPDCAを繰り返すだけ。

非常にシンプルになったことが良かったです。

またそれをもとに門下生へフィードバックできることが
これまでと異なり、自分の記録を元とした伝承につながるため
より成果につながる一手を手渡せるのだと感じました。

 

3、高い目標とそれをクリアするためのチャレンジを
与えていただいたこと

長瀬さんからは、非常に高い目標を
設定いただいたのですがそれだけでなく、
他でもない私がどうクリアしたらいいかのチャレンジを
(もちろん答えではありません)
いただけたことが本当にありがたかったです。

一人一人の得意分野を
毎日見てくださっているんだと一人感動しました。

 

長瀬さんに教えていただいた得意分野は
お客様へのラブレターを書くこと

自身の商品サービスをお客様が
そのまま理解できるとは限らない

自分の商品を売り込むのではなく

お客様に必要なものは何か
お客様が望んでいることは何か
お客様の悩みは何か

それを考えてどうお客様に響くラブレターに
仕上げたら良いのか考えて
チャレンジすることができました。

 

かみくだいて伝える努力に
ここまで時間をかけたのは今回がはじめてでした。

メディアを持つ人の気持ちを考える。
そこにいる人が誰かを考える
そこと自分の武器(商品)をどう繋げるか

また私のチャレンジの記録をもとに
他のメンバーが成果をあげていくことを見れたのも
喜びでもありました。

 

 

得られた成果は?

セミナーに来た時点で
先生と生徒の関係性が既に出来上がっていることに
本当に驚きました。

そこで先生たる対応やあり方を追求しなくても
(もちろん意識はしますが)、
既に先生だと認識した人たちに来ていただいているので
とても話が進めやすかったです。

 

来て欲しいお客様が来ていなかった原因は
2ステップマーケティングが
うまく機能していなかったからだということ、

集まる集客の科学式に基づいて整理することで
機能する脳になっていたことを感じました。

 

その結果、
セミナーから個別相談への申し込みが
ほぼ100%となり、
セミナーで私への信頼をより高めてもらい、
個別相談では私のチームコンサルティングに
申し込むことが前提で来てくれたことが
大きな変化でした。

 

 

未来のヒーローへのアドバイス

セミナーに来た人の心をどう動かすか、
と思うのは誰でもしていることです。

ですがセミナーに来た時点で
ある意味先生との相性を見るためだけでもあり
セミナーで売ろうとしてはいけないんだなと感じました。

私自身個人的な悩みとして
会ってみるととても先生とは思えないところがあるらしく
その点でセミナーに来た人から
友達のような対応をされることもあり
そこが困っていましたが、

今回そこから脱却できたことが
自分の中で大きな変化でもありました。

 

先ほども言ったのですが、
私は起業家を勝たせてあげるプロデューサーになりたい
先生と生徒の関係性は必須だと考えています。

そのために欠かせないものが
2ステップマーケティングであり

営業経験や実際にお客様を前にして
先生という関係性を築くことが難しいと感じているのなら
ぜひ長瀬さんの力を借りてもらいたいと考えています。

 

私はこれからも
女性に愛と勇気を与える起業家として
背中を見せる存在でありたいと考えています。

この世界観を広めていくためにも
これからも長瀬さんの力をお借りしたいと考えています。
長瀬さんのようなプロデューサーになれるよう、
より日々精進していきます。

 

USPプロモーター
三石由佳さん(東京都・30代)

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f