【改めて自分のマインドの当たり前を書き出し、変化させるベキだと思いました】 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

【改めて自分のマインドの当たり前を書き出し、変化させるベキだと思いました】


<グローイングCODE プレミーティング>
ご感想

 

プロデューサーの皆様

この度は、士気を高めてくださり
ありがとうございます。

 

鉾立さんから、ハワイに行く前に
自分の当たり前を
大きく変化させることをお話いただき、
私が選んだ当たり前の変化

「志の高い人との交流を積極的に深め
 自分のステージを上げ続けて行く」

は、果たしてこれが
大きな当たり前の変化となるのか?
と思い直しました。

 

相葉光輝さんからは、特に
「躊躇を捨てる」が私に響きました。

何かやるにしても躊躇が入ることが
よくある事を思いました。

ちょっと無理かなという想いがあると
幾度か躊躇をして、躊躇をして、それから行う。
という癖があることに気づきました。

 

栗山葉湖さんの
「人が自分の当たり前を変化させる時に
 意識する心のブロック」で

「ステージが上がると一抹の寂しさが漂う
 潜在意識が後ろ髪を引っ張る」
についてお話された祭に、
その時は意味がわかならなかったのですが、

翌朝、起きると何か気持ちに寂しさを感じました。
あんなに気持ちが盛り上り
その分反動が大きかったのでしょうか、
なぜか意味分からず心が寂しくなりました。
このことなのか?と思いました。

 

長瀬さんの
「理想の自分を演じることで
 自分でも信じられないくらいの馬鹿力が涌く」
ことに力を感じました。

理想の自分は、計画にそって行動出来る姿です。
ダンドリをしっかりやっている様子を演じれば
ダンドリが余裕で出来るようになる力がつくのだと思いました。

 

相葉力哉さんには
本当にいろいろな気付きを頂きました。

その中で特に大きな気付きとなったことは
青写真の分解が私には足りてないことなのだ
と気づきました。

自分の立ち位置
今自分はどこにいるのか?
分からなくなりますが、
それはダンドリを忘れてしまっているからだと
強く思いました。

 

そして今回、大きく感じたことは
利己と利他について、自分のステージが
まだ利他について考えられるステージではない、

利他を考えるのは
自分の利が出れるようになってからだ
と思っておりました。

それは、自分の利が出ていないのに
相手の利を考えるというのは
私の中では偽善のような感覚があったからです。

ですが、お客様の利があってこそ
自分に対価が支払われる。

先にあるのは
利他であるのは明らかです。
利他の発言が出来なかった自分に
恥ずかしさを感じました。

 

以上、今回のことを受け
改めて自分のマインドの当たり前を書き出し
変化させるベキだと思いました。

ありがとうございました。

 

シンメトリー美人プロデューサー
Roeさん

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f