【師の人間味溢れる門下生を想う愛を、本音のトークからいただきます】

【師の人間味溢れる門下生を想う愛を、本音のトークからいただきます】

roe%e3%81%95%e3%82%93

師にご招待いただくアクティブパワーディナーは
私にとって、
自らの目標を達成することの大切さを
刻み込む場となっております。

 

2年前の私は
目標は掲げるだけで忘れてしまうものでした。

それが今は、目標を到達し
さらに掲げた目標を大きく超えることも
できる自分となっています。

この変化成長ができたことに
誇りを持っております。

 

私がここまで変化できたことは
師の教えあってのことです。

「目標とは達成するものであり
 どうやったら達成できるかを
 考え行動することである」と。

 

師は、その大切さを教えてくださり
実践していく心をいかに作っていくか
起業家として大事な心構を疎かにしないために
師は、空気空間を大事にされ
様々な工夫をしてくださっています。

その一つとして
特別な空間を設けてくださっているのが
アクティブパワーディナーだと私は捉えています。

 

roe%e3%81%95%e3%82%93

 

1回だけの目標到達であれば
気合いでなんとかなるかもしれませんが
起業家として生きていくには、
重要なのは目標到達を常態化すること。

目標到達を常態化するには
達成するのが当たり前という
強い意識のもとに考動します。

 

気合いではなく
常態化するための
考動力を得ることが重要
なのです。

言葉にすれば一行ですが
実践することは本当に簡単なことではなく
毎回、切磋琢磨しています。

 

単に一人だけで行っていたら
簡単に諦めてしまうであろう
目標を到達させる想い。

師や仲間がいることによって
やりきってやろう!という想いを持てること。

一度持ったその想いを
当たり前にすることが、
どれだけ起業家にとって大切であるか。

 

長瀬さんのもとで、2年学ばせていただいて
今、門下生を持つ立場になっているからこそ、
起業家として大事なことは何なのかが
以前よりも強く入ってこれております。

「結果を出す起業家となって意味があること」

長瀬さんご自身が目標を到達され続けてきて、
そのやりきることの意味を実感されていらしゃるからこそ
讃えてくださるアクティブパワーディナー。

師の人間味溢れる門下生を想う愛を
本音のトークからいただきます。

 

roe%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92

 

はじめてアクティブパワーディナーに
ご招待いただいた昨年2015年7月、
その場でいただいたお話が
目標を到達した自分に
スーと腑に入ってくる感覚を得ました。

目標に向けてやりきってみて
見えるステージが違ってくるとはこのことか!
と感じられ、
またその感覚を得て確認したい!と想えたことも
目標を到達し続けようとする
心構えをつくることにもつながりました。

 

「人を動かすには気持ちを動かすこと」

ビジネスに置いて大事なこととして
師から学んでいる言葉ですが、
実に私自身も気持ちを動かされて
都度行動に移すことをさせていただき、
ここまでこれてきました。

 

私が長瀬さんを師として
仰がせていただいているのも
スキルやノウハウだけでない、
気持ちを汲み取っていただける人間性溢れる
言葉や考動をみさせていただいているからこそ。

門下生を持つ立場になったことから
師は常にいつも背中を見せてくださっていることに
以前よりも気がつけるようになってきました。

 

その時々でどんな意味が込められているのか
その意味に気がついたことを
私自身に置き換えて
門下生に背中を魅せる考動を
実践していきたいと思いまます。

長瀬さんのように
人の気持ちを動かせるプロデューサーとなれるように。

今後もどうぞ宜しくお願い致します。

 

シンメトリー美人プロデューサー
Roe

集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。