自分で決めたクセに忘れる人がいつも「損」してる | 集めるのではなく「集まる集客®」を科学式にー起業家のビジネスプロデュース:株式会社アクティブノート

自分で決めたクセに忘れる人がいつも「損」してる

忘れる癖

こんばんは!

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。


感情を成長させる環境の重要性
について今日は書きます。


毎日、個別相談会での
ディスカッションをしていると
時折、その相談が”怖く”なる時があります。


「 ○○が欲しい」
「 ◇◇を達成したい」
「 □□のようになりたい」


その時は、そのように想い描いても、
次の日や、3日後、1週間後には、


自分が望んで高まった感情の高まりを
自分で忘れてしまっているという事実です。

 

【1】「何を行うのかではなく、
なぜ行うのか?」といった、


自分自身やお客様、
そして世の中への貢献のために
夢中で行動する、

「強いヤル理由」の欠乏。

 

【2】なりたい自分、やりたいコト
に対し、
明確に言語化しなかった、
あるいはできなかった。




というケースが多くなります、



絶対やります!
がんばります!
長瀬さんのようになりたいです!

と言ってくださる方も多いですし、


欲しい、達成したい、なりたい
と想っていても、



すぐに忘れてしまうから
結果、何も手に入らない。




また想って、忘れる。想って、忘れる。
この繰り返し。

 

想い描いたコトを
”忘れないようにする”こと、


そして”想いを成長させる”ことができたら

想ったときから人生が変わり続ける
はずなのですが、もったいないですね。

 

どうしたら、人は、
自分が思い描いた夢を
自分で大切にできるように
なるのでしょうか?

 

忘れるくらいだから
大したことじゃないんだよ。
と言ってしまえばそれで終わりですが、



どんな夢や想いもほっておくと、
記憶は薄れるモノで、
夢や想いは退化するモノなんです。




想い描いたコトが、
一時たりともあなたの脳から
離れないように、
条件づけておくことをオススメします!


方法はカンタンですし自由です。


・備忘録に残す。
・パソコンのデスクトップに貼っておく。
・師や仲間に公言し応援してもらう。


わたしは、こんなふうにしています。



人の脳は、
どんなに高価なPCよりも優秀で、
頭に想い描いている通りになるように、
瞬時にプログラムを形成します。


つまり、


忘れない条件をつけておくことで、
あなたの意識は自動的に働いて、
必要なモノや行動を探しだすと
いうことです。


行動し”たい”とソワソワしている
自分に気付くでしょうね!


頭であれこれ考えずに、
感情が反応して動き”たい”と
感じるようになる。


いつもうまくいく人、
成果を上げ続けている人は、



その感情に素直に行動しているのであって、
ノウハウに頼っているわけではないのです。


感情を成長させる環境を創る時間に投資をしているのです。


「 人の行動を伴うのは、理屈ではなく「感情」である。(^0_0^) 」


わたしはそう教わりました。
参考になれば何よりです。