愚痴こぼしたいとき、起業家は正当な理由を探す天才になる | 集めるのではなく「集まる集客®」を科学式にー起業家のビジネスプロデュース:株式会社アクティブノート

愚痴こぼしたいとき、起業家は正当な理由を探す天才になる


こんばんは!

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

月商7桁〜8桁の到達者が
80名となりました。

実践会.jpg


集まる集客のメソッドは、
確実に、個人起業家にとって
成果をもたらすのだと
多くの方に認知していただけるように
なりました。

 


本も出版していませんし
テレビにも出てないわたしが、
多くの方に支持いただけることは、

 

本当にありがたいことです。

 

 

スクリーンショット 2017-06-30 21.25.09.png

さて、本題です。


人が成果をあげられるかどうか
その重要なポイントは、

 

前を向いて歩いているかどうか
にあるとわたしの教科書に
書き入れました、つい数日前。



人は後ろを向いては
上手に歩けないものなのですが、



人は切羽詰まってしまったら
そんな単純なことにも
気がつけません。




後ろを向いてしまった人は、


できない理由や、
やらない理由を、
探します。

 

そしてその理由の探し方や使い方は、
超一流で、天才的です。

 


師の相葉さんは、
わたしにこう教えてくれました。

 

このような言葉を
豊かな起業家は
持ち合わせないのだと。


↓↓↓↓↓


▼がんばります。でも、、、、
▼今から動きます!ただ、
▼とりあえず50万円稼ぎます。
▼できない。
▼だって○○だから。

 

ここから
「でも、ただ、とりあえず、できない、だって」を取り除くことで


言葉の力は
180度変わります。

 

 

成果を上げ続ける人と
そうでない人の大きな違い
は、ここにあると考えています。



月商7桁の報酬を取ること自体は
動いてくれさえすれば、
難しくはないのですが、




カリスマではない
努力派
の起業家が

月商100万以上を
安定的にずっと続けられるか?




となると別問題です。



月商7桁〜8桁の成果を
上げ続けられる人は、


世の中で起こっている出来事や、
世の中のビジネスモデルに対して、

 

「自分だったらこう表現する」
という思考を持ち合わせています。

 

それは、「 自分には出来ない。」
という思考よりも、
「 出来る 」 もしくは、
「 出来るかも 」という思考が
先行するからなのです。



ビジネスは棚ぼた的には
構築されない物です。

 

1つ1つの要素を確実に構築していくために、
「 出来ない。 」 から入るのではなく、
「 出来るかも 」 という思考を大切にしてください。


(ここまで)




この教えを
あなたはまっすぐ素直に
受け止められるタイプでしょうか?



それとも、それとも???

困った顔.png 



”成果をあげられたら、
それは誰かのおかげさまである。”


”失敗をしたら、
それは自分の責任である。”




優れた客観性を持ち
成果をあげ続けられる人は、
自然とそう思える人なのです。

 

 

閃いた顔.png

うまくいかないときこそ、
「でも」と言わず、


自分のどこが足りないのかを
考えられる人です。


うまく行かない人は大体、
反省をせずに、
世間や周囲に文句を言います。

 

愚痴をこぼしたくなったとき、
(わたしも多々ありますが)


そういうときこそ、
愚痴の原因である他者を
攻撃するのではなく、



解決するために
自分がやれることを
考え、精一杯やりきること。




それを続けていたら、
できない理由を探している人より


あなたほうが
とっても魅力的で人間味にあふれていて
ファンが増えていくに違いありません。

 


格差を生み出す違いは
愚痴をこぼしたいときに
現れるのかもしれませんね。

 


では、
月商7桁以上の報酬の安定を
目指すあなたに
知っていただきたいことを



またメールします(^_^)




最後におわびです。

 

わたしの主宰する
集まる集客実践会への参加は、
毎月数名のわたしが才能を見込んだ方への
超リミテッドなご案内となっておりまして、
いつも、たくさんのお問い合わせやご要望に
お応えしきれず申し訳ございません。
m(_ _)m