【大阪の落語で自分の当たり前を変えるトレーニング 】 | 集めるのではなく「集まる集客®」を科学式にー起業家のビジネスプロデュース:株式会社アクティブノート

【大阪の落語で自分の当たり前を変えるトレーニング 】



集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。


大阪の落語で、自分の当たり前を変えるトレーニングとは?
unnamed.jpg


わたしたち真型起業家として
リミッターを超え続ける挑戦を
していくには、


自分の当たり前(常識とか考え方)
を変える必要があると想います。



いまの自分のままで何もしなければ
脳みそ=戦略思考が進歩しないし
売上をあげるチカラも備わってきません。



起業家が売上をあげることがなければ
そもそもそれはビジネスを起こす
起業ではないですものね。



集まる集客®の実践メンバーたちに
わたしたちは、
8つの当たり前を変えるトレーニング
を都度都度企画創造して行っています。

当たり前の変化.png

大阪に来て3日目となりました本日は、
コミックストーリーテリングトレーニング
と題して


矢澤功師さんが中心となって企画し
シークレットに募集したメンバーたちと
その8つの当たり前を変えるトレーニングを
開催しています。



コミックストーリーテリングとは
落語のことです。



そう、大阪の本場で上方落語を鑑賞して
当たり前を変えるトレーニングを
行おうという企画です。



まず、大阪天満宮を参拝して
運気を高め


18581940_10154376488016581_6020254253843835870_n.jpg
天満天神繁昌亭の
上方落語の公演を鑑賞しました。


そして、真打の笑福亭鶴二さんや
他の出演者の皆さんと握手し
記念撮影しました!

18519860_1520317521333377_7025514264967790499_n.jpg


わたしは生の落語を鑑賞するのは
人生初でしたが、


やっぱり最後のトリである
真打の笑福亭鶴二さんが
一番オーラがありました!


見終わった後に握手をしていただいたら
涙が出そうになりました。


能の『船弁慶』を題材にした噺でしたが、
漫才のようなユーモラスなやりとりや、動きのある演技を行うので、演者には体力と技量が必要であるとされている演目でしたが実にお見事でした!



また、平日金曜日なのに客席がほぼ満席で埋まっていることにびっくりしています。


ファンがいるから落語の伝統が守られているのですよね。


目の前にすると上方落語の威力を感じます。



なぜこの人は落語家を志したのだろう?


なぜ辛い修行をしながら35年以上
続けていけるのだろう?


といろんな想像をしながら、
思考をさらに広げています。



わたしたちは、
落語鑑賞後、すぐに近くのセミナールームに
篭ってトレーニングを開始しています。

18557097_10154376838686581_6654215250040105686_n.jpg

わたしたちのように何かを熱意を持って
成し遂げたいことを決めた起業家には、


「時間」は1分たりとも
無駄にできない大切なものです。


自分にとって、
世の中にとって、

有効有益なコトを時間内に、
やりきる考動力


本物に触れてそのプロ意識に
感動する体験をすることや


それを伝える言葉を磨くこと



今の自分の環境ではなく、


一歩外に出てみること、旅に出てみること、普段の自分なら絶対にしないようなことをしてみること、



そんな行動の中に、
あなたもリミッターを超えるほどの
当たり前の変化をうむきっかけを
掴むのだとわたしは信じています。




また近いうちに面白くて効果抜群の
起業家の当たり前を変えるトレーニングを
行いたいと想ってます!!



集まる集客®の本質は、
真型起業家として自分の当たり前を変えることで体得していただけるものですから。

真型起業家論
 

ではまた明日!!