【アクティブディナー後、家に帰ってこんなにも悔しい思いをしたのは初めてでした】 | 集めるのではなく「集まる集客®」を科学式にー起業家のビジネスプロデュース:株式会社アクティブノート

【アクティブディナー後、家に帰ってこんなにも悔しい思いをしたのは初めてでした】

%e6%b0%b4%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93

長瀬さん

先日はアクティブパワーディナーに
ご招待して頂き、ありがとうございます。

 

アクティブパワーディナーは
やりきった人しか参加できない会です。

今回は、いくら先月やりきったとしても
今月やりきれていない自分では参加することが
恥ずかしいと思ってしまいました。

私が参加しても良いのだろうか?
と思えば思う程、遠慮してしまい
プロデューサーとの貴重なお時間を
無駄にしてしまった自分が情けません。

 

今回で4回目の参加となりますが
アクティブディナー後、家に帰って
こんなにも悔しい思いをしたのは初めてでした。

長瀬さんが仰って頂いたように
ただ美味しいモノを食べるだけなら
プロデューサーはいらないというお言葉に、
アクティブディナーの本当の意味に気付きました。

 

%e6%b0%b4%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93

 

いつもとちょっと違う空間空間で
プロデューサーと共に過ごすことで
いつもと違った視点で物事をみる
ことができ、
その空気空間だからこそ味わえる
プロデューサーとの濃密な相談時間。

これこそが、アクティブディナーの
本当の意味であるということ。

 

今回は情けない自分と
向き合う時間となりました。

これも長瀬さんが、私に対して
愛あるご指摘をして頂いたからこそです。

 

長瀬さん、
いつもありがとうございます。

来月こそは胸を張って堂々と参加できるよう
日々精進してまいりたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

 

自分が褒めたい”くびれ”を創る!!
スクイーズボディプログラム
美体造形家 水野 志音さん(東京都・20代)